レーザー脱毛の炎症トラブルを避けるために

レーザー脱毛の炎症トラブルを避けるためにはいくつかの注意事項があります。
まず、病院で処方された薬はきちんと塗りましょう。
赤くもかゆくもないから、といって薬を塗らないでいると思わぬところでトラブルがおきることがあります。

絶対にしてはいけないのが脱毛前後の日焼けです。
脱毛前に日焼けをして肌が黒くなると皮膚表面でレーザーが反応し、肌トラブルの原因になります。
脱毛後に直射日光にあたると施術部位の毛穴部分が炎症を起こし色素沈着してしまうことがあります。

レーザー脱毛をしたいと思ったら、まずは日焼けをしないように気を付けることが大切です。
ただ、じゃあ夏にレーザー脱毛をしてはいけないのかというとそんなことはなくて、薄手の長袖やパンツをはいたり、日傘をさしたり、きちんと日焼け止めを塗るなどしておけば大丈夫です。
次に、脱毛後にサウナや入浴などで体を温める行為です。
レーザー照射では肌内部に熱を与えているので、ものすごく大げさに言うと軽いやけど状態といえます。

念のため脱毛後1数間ほどは軽くシャワーを浴びるだけにしておき、ナイロンタオルなどでごしごしこすって刺激を与えることも避けます。
また、レーザー脱毛をしてから自然に毛が抜けるまでの間に、ついつい気になってピンセットなどで毛を抜いてしまうという行為もよくありません。
これも刺激になり、トラブルの原因になります。
肌がひどく乾燥していると肌表面が固くなるので、レーザー照射に反応して抜けようとしている毛が抜けられなくて埋没毛になってしまうことがあります。
脱毛後は肌の保湿にも気を付けましょう。



肌のトラブル改善に役立ち美肌効果

医療レーザー脱毛はレーザー光を用いて、黒い部分のメラニンに反応して脱毛をするという方法です。 毛穴がふさがり、肌のトラブル改善に役立ち美肌効果があります。 医療機関のみで施術が可能で、何か問題があった場合も病院なので、対応が早いです。 また一度の施術で広範囲可能で、少ない回数で効果が期待できます。

一方で、デメリットとして黒い色素、メラニンに反応する特性から、白髪や薄い毛は反応しにくい為、脱毛が難しい事があります。 また施術前に日焼けをしているとメラニン量が増えてしまっている為、肌表面がレーザーに反応してやけどをする可能性も高くなります。 この為、医療レーザー脱毛をしている場合は、日頃の日焼けに注意する事が必要です。 また毛を自己処理している人で、毛根ごと毛抜きで処理してしまっている場合は黒い物に反応できなくなる為、脱毛できません。

また施術中に痛みを感じる人が多いです。 日焼けやシミやほくろ部分にも痛みを感じる人がいます。 特に脱毛を始めた頃はレーザーに反応するムダ毛が多い為、一度のレーザーでたくさん反応して痛みが強く出る場合があります。 施術回数を重ねていくことにより、対象のムダ毛が減っていくので、痛みも緩和されていく傾向にはあります。

また効果が早くできる反面、高額というデメリットもあります。 初診料や施術費用以外に、炎症を抑える為の抗炎症剤や麻酔、美白剤などの費用がかかる場合があります。 医療機関は肌への負担を考えてアフターケアもしてくれますが、その分費用もかさむ傾向にあります。